読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 497人
アクセスカウンタ
※カテゴリー別のRSSです

2009年10月20日

魔人一座旗揚げ公演

名古屋能楽堂でのオーケストラコンサート『風詠みて水流れし都』で集められた演奏家たちが「魔人一座」という名でライブをやったと先日告知をしましたが……その模様が、友永綾美さんのブログにアップされています。



出演は

ギター・冨田豊
キーボード・森拓磨
ベース・ブンテイ
尺八・河西明風
パーカッション・跡部信之
和太鼓・伊藤弘典&夕田敏博
篠笛&和太鼓・友永綾美
ヴァイオリン・山本幸代

演奏家たちの時にカッコ良く、時に楽しく演奏する姿にお客さんも盛り上がった事と思います。
どうぞ、今後とも「魔人一座」を応援してあげて下さい。
今回の旗揚げライブの写真を見たい方は

【PCから】
魔人一座アルバム

【携帯から】
魔人一座アルバム

から、どうぞ♪
  

Posted by 今井秋芳 at 16:54Comments(0)コンサート

2009年07月11日

QRコードでGO!

魔人コンサートのPVを「携帯でも観たい!」という要望に応えて、QRコードを貼っておきます。
PCからQR見るなら、PCでPV観れそうな気もしますが…とりあえず、QRどうぞ↓

東京魔人學園伝奇10周年記念コンサート『風詠みて水流れし都』PV/1分バージョン



東京魔人學園伝奇10周年記念コンサート『風詠みて水流れし都』PV/3分バージョン


  

Posted by 今井秋芳 at 00:23Comments(0)コンサート

2009年07月11日

四神

「しじん」ではなく「ししん」と読ませる。
名古屋・東海圏を起点に活動する和太鼓集団・四神-SHISHIN-&四神ワールドパーカッションバンドの名前である。
実は、四神とは名古屋能楽堂で行った魔人コンサートに出演してもらってから付き合いがある。
リーダーの伊藤さんも跡部さんも夕田さんも非常に気の良い人たちで、自然と楽しい気分になる。
そんな四神のコンサートが名古屋であるというので聴きに行ってきた。

感想は「素晴らしい!」の一言。

太鼓というのは原始の音だ。
人が始めて奏でた音は骨や岩や木の実などを叩いた音だろうし、「そこのあるものを叩く」事が音楽になるというのは、
人の思惑や打算という余計な要素が入り込まない最も純粋な音色なのではないかと思う。
それ故、太鼓の音色は大地をイメージさせる。

噴き上がるマグマを。

奥底から響く地鳴りを。

地を裂く震動を。

人の魂に響く根源の音。
素晴らしい演奏家と一緒に仕事をする事ができて、とても光栄に思う。


伊藤さん。魔人コンサートでは太鼓をやって頂きました。


夕田さん。魔人コンサートではドラムをやって頂きました。


え~と…誰?
というのは冗談ですが、別人のような跡部さん。魔人コンサートではパーカッションをやって頂きました。
  

Posted by 今井秋芳 at 00:11Comments(0)コンサート

2009年07月08日

コンサートPV(3 分バージョン) も



前回の日記でPVの1分バージョンを公開しましたが、
コンサート公式サイトでは、3分バージョンも特別に公開中。
能楽堂に響き渡った陽と陰の調べをちらっとですがお楽しみください。

東京魔人學園伝奇10周年記念コンサート『風詠みて水流れし都』公式サイト
  

Posted by 今井秋芳 at 12:18Comments(2)コンサート

2009年07月07日

東京魔人學園伝奇10周年記念コンサートPV

2009年4月4日に名古屋能楽堂で開催された東京魔人學園伝奇10周年記念コンサート『風詠みて水流れし都』のPVが完成しました!!
YouTubeのenterbrainTVから、いち早くその映像をお届けします。



DVD&CDの詳細については、コンサート公式サイトをどうぞ↓

東京魔人學園伝奇10周年記念コンサート『風詠みて水流れし都』公式サイト
  

Posted by 今井秋芳 at 21:26Comments(2)コンサート