読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 497人
アクセスカウンタ
※カテゴリー別のRSSです

2014年05月04日

May the Force be with you!

今日5月4日は、『スターウォーズの日』。
ウォルト・ディズニー・ジャパンが制定し、今年2014年から日本記念日協会によって正式に認定された。
由来は、劇中で登場人物たちが口にする「May the Force be with you(フォースと共にあらんことを)」という御馴染のセリフから。
「May the Force」と「May the 4th(5月4日)」をかけている。
2015年は、エピソード7も公開されるし、来年の5月4日は盛り上がるだろう。

コトブキヤの主要店では、今日からスターウォーズグッズを買うと記念ピンズが貰えるとの事で、早速買い物してGET!



  


Posted by 今井秋芳 at 18:14Comments(1)シネマ

2014年04月27日

ワールズ・エンド



あっという間に上映期間が終わりそうなんで、エドガー・ライト監督好きとして、『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う』を観賞。
単館上映の作品は、同じエドガー・ライト監督の『スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団』以来。

『ワールズ・エンド』は、ハリウッドの大作やメジャーな作品のように万人受けはしないが、名作『ショーン・オブ・ザ・デッド』や『ホット・ファズ』同様、作品の雰囲気やノリなど、エドガー・ライトにしか撮れない映画だと思っている。
同じ題材を他の監督が撮ったら、こうはなってないだろう。
好きな人は好きだし、嫌いな人は嫌いという意味では、ロバート・ロドリゲス監督作品も似ている。ちなみにロドリゲスも好きな監督のひとり。
相変わらずのオマージュと緩いジョーク満載で、ラストもまさかの展開が待っている。派手なハリウッド映画に飽きた人にはオススメ。

ちなみに『アメイジング・スパイダーマン2』も観賞。
『アメイジング・スパイダーマン1』では「別に、この内容ならリブートする必要ないよな。映像やストーリーに目新しさや驚きもないし」と思っていたが、『2』によって、過去シリーズを超えてくれた。こちらもオススメ。


  


Posted by 今井秋芳 at 23:41Comments(0)シネマ

2014年01月12日

続編制作決定!!

あっ、魔人や九龍の事じゃないです(笑)
そういえば、ブログに書こうと思ってアップしてなかったんで、『幽撃隊』開発の合間にアップ。

ついに来た!!待ってたよ!!
『スターウォーズ エピソード7』の公開日が2015年12月18日に決定!!
プリークェルの件があるんで、不安はあるものの続編が決まったのは素直に嬉しい。

記念にファンメイドのトレーラーを。
もうこんな感じでいいよ(笑)





もちろん、『魔人』や『九龍』の続編も機会があれば作りたいと思っているので、決まったらblogで発表します。お楽しみに。

そういえば、『剣風帖』当時、インタビューや取材などを断っていた私を説得するために、プレス担当者が引き合いに出したのが『スターウォーズ』でした。
「今井さんも、好きな作品の関係者であるルーカスや俳優たちの話聞きたいでしょ?」といわれて、「なるほど」と思ったものです。懐かしい。

せっかくのなので、開発中作品の情報も。
『幽撃隊』の山河は一緒に戦闘する仲間です。あともちろんオカマも出ます。約束通り(謎)
あと『幽撃隊』ではなく、3DSで開発していた新作はすでに発表されていたりします。こちらは任天堂のロットチェックも終わって、すでに生産体制です。
タイトルや発売日は私からは公表できないので、プレスリリースを待っていて下さい。
  


Posted by 今井秋芳 at 18:00Comments(4)シネマ

2013年02月03日

生ける屍

開発中の作品の記事だと思って来た人すいません。
こうして、作品の記事じゃない物を連投しておいて、油断したところにいきなり極秘情報とかアップするかな~なんて(笑)

タイトルは、疲れが溜まっていて、体調不良で生ける屍になっているという意味ではなく。
コミックが出た時から注目している『THE WALKING DEAD』のBlu-rayシーズン1とシーズン2をゲット!



ゾンビ物だが、先の読めない展開と緊迫感のある生々しい人間ドラマが面白い。
できれば、あまりダラダラと引っ張らずに物語が盛り上がった状態のまま完結して欲しいものだ。

ネタじゃなく、インフルではないと思うけど、何か頭痛がするし、熱っぽいんで、今日は早く寝るかな。
  

Posted by 今井秋芳 at 21:46Comments(4)シネマ

2012年12月31日

シネマレビュー一覧(2012年更新)



【ア】
『アイ,ロボット』
『愛の流刑地』
『悪霊喰』
『アザーズ』
『アバウト・ア・ボーイ』
『アンダーワールド』
『アンブレイカブル』
『イーグル・アイ』
『インクレディブル・ハルク』
『イングリッシュ・ペイシェント』
『イントゥ・ザ・ワイルド』
『海猿』
『ヴィドック』
『ヴィレッジ』
『ヴェロニカ・ゲリン』
『ウォンテッド』
『エミリー・ローズ』
『エンジェル・ウォーズ』
『オーロラの彼方へ』
『オースティン・パワーズ』
『オペラ座の怪人』

【カ】
『ガタカ』
『キック・アス』
『逆境ナイン』
『キャッチ・ミー イフ・ユーキャン』
『ギャラクシー・クエスト』
『グエムル/漢江(ハンガン)の怪物』
『グッバイ、レーニン!』
『コララインとボタンの魔女』
『コンスタンティン』

【サ】
『ザ・シューター/極大射程』
『サスペクト・ゼロ』
『殺人の追憶』
『サマータイムマシン・ブルース』
『下妻物語』
『私立探偵 濱マイク』
『ジェヴォーダンの獣』
『13F』
『シャーロック・ホームズ』
『Shall we dance?』
『ジャンパー』
『ジョー・ブラックをよろしく』
『ショーン・オブ・ザ・デッド』
『震度0(ゼロ)』
『スーパーマン・リターンズ』
『スカイキャプテン』
『スクール・オブ・ロック』
『スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団』
『スターウォーズ』
『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』
『ストーリーテラー』
『スピード・レーサー』
『スラムドッグ$ミリオネア』
『300(スリーハンドレッド)』
『セルラー』
『その土曜日、7時58分』

【タ】
『ターミナル』
『ダークナイト』
『第9地区』
『大帝の剣』
『007/カジノ・ロワイヤル』
『ダニー・ザ・ドッグ』
『天使とデート』
『ディープ・ブルー』
『ディファイアンス』
『デスペラード』
『テネイシャスD 運命のピックをさがせ!』
『遠い空の向こうに』
『トーマス・クラウン・アフェアー』
『トリック・劇場版』
『トレーニング・デイ』
『トロピック・サンダー 史上最低の作戦』

【ナ】
『ナイト・ウォッチ』
『ナイト・ミュージアム』
『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』
『ナチュラル』
『28日後…』

【ハ】
『ハイランダー 悪魔の戦士』
『バッドサンタ』
『ハムナプトラ』
『薔薇の名前』
『バタフライ・エフェクト』
『バットマン ビギンズ』
『パフューム ある人殺しの物語』
『パラサイト』
『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』
『ヒドゥン』
『ビッグ・フィッシュ』
『ピッチブラック』
『フォーン・ブース』
『プリンセス・ブライド・ストーリー』
『ペイチェック~消された記憶』
『香港国際警察/NEW POLICE STORY』
『ポーラー・エクスプレス』
『ボーン・アイデンティティ』

【マ】
『マイ・ボディガード』
『マスク・オブ・ゾロ』
『マレーナ』
『Mr.インクレディブル』
『M:i-III』

【ヤ】

【ラ】
『ラッキーナンバー7』
『ラブ・アクチュアリー』
『リアル・スティール』
『リベリオン』
『LIMIT OF LOVE 海猿』
『レッドクリフ part.1』
『レディホーク』

【ワ】
  

Posted by 今井秋芳 at 23:59Comments(0)シネマ