読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 497人
アクセスカウンタ
※カテゴリー別のRSSです

2014年08月20日

戦利品

『アメイジング モデル エキスポ』での戦利品。


左から、サイモン・リーのパンプキンヘッド・エイリアン、アニメイテッド・ヘルボーイのリズとケイトのバスト。
縦長のスティック状のオブジェは、スチームパンク風のUSBメモリ。台座も含めてデザインが凝っている。
手前のケロッグのおまけやキン消しにも見える赤い小さいフィギュアは、イベント限定のラットフィンクのフィギュア。サンディエゴ『コミコン』でも限定でラットフィンクが作られているんで、こういう所も今回のイベントは『コミコン』っぽい。
一番右がヘッドフォンなどに付けるアイアンマンのフィギュア。


すごい種類の出来の良いカーモデルを出展していたディーラー『NEKOWORKS』さんで見つけたフォルクスワーゲン・トランスポーター・TYPE2バス。バスじゃないTYPE2が欲しかったけど、もう絶版だそうで残念。
ちょっとカスタムして色を塗れば、夕隙社の社用車に出来そう。
  

Posted by 今井秋芳 at 00:33Comments(1)フィギュア

2014年08月18日

アメイジング モデル エキスポ



大阪で初回開催となる『アメイジングモデルエキスポ』に知り合いのモデラーが参加するとの事で行ってきた。
内容は、SF・特撮・怪獣などのガレキ(ガレージキット)やソフビ、フィギュアがメインのイベントで、東京の『スーフェス』やサンディエゴの『コミコン』に近い印象。


来場者の投票でグランプリを選ぶ造形コンテストなども行われていて、初回にしては、かなり盛り上がっていた。
ディーラーも来場者もマニアが多いせいか、連帯感というか空間の共有感が半端ない(笑)

以下、会場で見たフィギュアの写真など。


イベント発起人である怪物屋さんのブース


真珠の耳飾りの少女も立体化。後ろのスチームパンクな胸像も良い感じ。


ゴジラの群れ



オリジナル造形のドンキホーテ。帽子の造形が秀逸。買えば良かった……。

ちなみに造形コンテストでは、何と誘ってくれた知り合いのモデラーの作品がグランプリに!!
受賞したポリススピナーは、以前、その知り合いのモデラーに私が作ってもらったもので、コンテストに出したいからといわれて、東京から運んで来たのだ。
件のスピナーは、過去にもこのブログで紹介している↓
http://syuhou.otaden.jp/e5513.html


グランプリ受賞の金のトロフィー。トロフィーの原型は、モデラーの大山竜氏。カッコいい!!


グランプリのお礼に、副賞のサイモン・リー(『パシフィック・リム』のカイジュウや『All You Need Is Kill』の敵クリーチャーのデザイン、『マレフィセント』のキャラクターコンセプトデザインを手掛けた造形師)を知り合いに貰う♪
しかも、サイモン・リーのサイン入り。

来年も開催するようなんで、是非日本の『コミコン』を目指して盛り上がっていって欲しい。
スタッフの方もディーラーの皆さんもお疲れ様でした。
  

Posted by 今井秋芳 at 21:52Comments(0)フィギュア

2013年06月08日

竹谷隆之の仕事展

秋葉原(駅は末広町の方が近い)で開催されている『竹谷隆之の仕事展』に行ってきた。
竹谷氏といえば、最高峰の造形師として、フィギュアコレクターにとっては知らない人はいない存在。
圧倒的な造形密度と独創性に、ただただ感嘆。『漁師の角度』のジジイのカッコ良さといったら、『スターウォーズ』のオビ=ワン並。
展示物はカメラ撮影OK(動画はNG)なので、後で撮影したものを見て新たな発見もあったり。





グッズは、ポストカード全10種、Tシャツ(カネヒサマークや模様など。フィギュアの絵はなかった)、フィギュアを撮影したポスター数種、『漁師の角度』バストアップフィギュア全6種、リボルテック十一面観音黒銅調版(限定カラー)が販売されていた。
十一面観音とバストアップフィギュアのイトモッテクはすでに売り切れ。入荷はわからないといわれた。
十一面観音は汚しや塗りの処理が甘く、黒いボディが見るからにプラっぽい感じで重厚さがないので、すでに発売されている着色バージョンや漆箔調版と比べると見劣りしてしまう。
対する、バストアップフィギュアはどれも良い出来で、そのまま飾るのと着色用に2種類買いたくなる。
というか着色バージョン欲しい。


ポストカード


バストアップフィギュア
  

Posted by 今井秋芳 at 15:12Comments(1)フィギュア

2013年06月03日

リパルサー点灯



電池交換した結果。
HOTTOYS(ホットトイズ)のアイアンマンの電池はSR621SWで代用できます。
電池交換は、ドライバーで頭の後ろや腕の後ろを開けるだけ。
長期間点灯させない時は液漏れ防止のために電池を抜いておくのも良いです。
以上、電池交換レポでした。

…とこのネタだけでは何なので、『東京魔人學園放送部』の特典としてつくシナリオブックをチラ見せ。
主人公=プレイヤーのゲームブック形式です。




  


Posted by 今井秋芳 at 00:28Comments(2)フィギュア

2013年02月02日

HOTなTOYS

閑話休題。
『サムライソウル』の記事の合間にフィギュアのネタを書いてみたり。

自他共に認めるフィギュアコレクターな訳ですが、集めているのは『HOTTOYS』『超像可動』『リボルテック』『フューチャートイズ』『ARTFX』がほとんどで、たまに『メディコム』の12inchやワンピースやジョジョのプライズがあったりします。
ワンピはPOPを集めるほどのコレクターではないので、POPは貰いもののNEO-4 ナミVer.2以外は持ってないのです。ハンコックやペローナや“Sailing Again”ナミに心動いたのは内緒。
フィギュアコレクションをここにアップしても誰得なので、行って来た『HOTTOYS』コレクターの聖地『トイサピエン』の画像など。
一緒に行った絵師の金崎さんに初『HOTTOYS』購入を勧める俺。
『ダークナイト ライジング』のバットマン買ってましたが、これでまた一人ダークサイド=フィギュアの闇に堕ちた人が(笑)


  

Posted by 今井秋芳 at 01:42Comments(1)フィギュア