読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 497人
アクセスカウンタ
※カテゴリー別のRSSです

2010年02月09日

いよいよ、2月12日から決戦開始。



『BBC Sport - Vancouver 2010 Olympic Winter Games Animation (TV Commercial-Spot)』より。
※携帯からは見れないようです……。
  

Posted by 今井秋芳 at 14:47Comments(2)CM

2008年11月20日

オニツカタイガー

素晴らしいCMを紹介するこのコーナー(笑)
今回は、スポーツシューズなどで有名な『ASICS(アシックス)』。
アシックスが日本のメーカーだと知らない人もいたりするようだが、創業者は鬼塚喜八郎(オニヅカではない。ちなみにアーティストの鬼束ちひろも間違える人が多いが、オニヅカではなくオニツカ)。
アシックスと社名変更する前に、創業者の名前をとったオニツカタイガーというブランドでシューズを販売していた。
オニツカタイガーのシューズは、映画『キル・ビル』にも登場したので見た事ある人も多いだろう。



オニツカのブランドは、メルボルン、東京オリンピックで多くの選手たちが愛用し、後にアシックスと社名を変更。現在に至る。
そんなオニツカからアシックスの歴史を折り紙と共に振り返るCMがこれ↓



語りは、鬼塚喜八郎その人。
  


Posted by 今井秋芳 at 12:06Comments(8)CM

2008年09月27日

ポケットの中のCM

『数十秒のエンターテイメント』の記事で紹介したセンス溢れるCMだが、携帯でも見れるようなのでアドを貼ってみる。
携帯からアクセスしている人は以下の『CMを観てみる』のリンクからどうぞ。



【NIKE】
無名の選手が諦めない不屈の精神でNext Levelへと向かうストーリー。
黙々と同じトレーニングを繰り返し、巧くなっていく様子をFPSさながらに一人称視点で臨場感たっぷりに描かれている。
ベンゲルが合成っぽく見えるが、アーセナルだけでなく、クリスティアーノ・ロナウドなど有名選手多数出演の豪華なCM。
CMを観てみる

【PEPSI】
いわずと知れたPEPSIのCMだが、オチがかなり効いてる。デイヴィッド・ベッカムが退場。苛立ちながら引き上げてくる。
それを見つめるひとりの少年。その少年の持つPEPSIをもらい気持ちを落ち着けるベッカム。笑顔と共に少年にPEPSIを返すが……。
CMを観てみる

【Hovis】
1886年に設立され122周年を迎えるイギリスの小麦粉メーカーHOVIS社のCM。
パンを買った少年がイギリス122年の歴史を辿っていく。少年が各時代の人々と敬礼したり、手を振ったり、交流していく様子も楽しい。
CMの尺も122秒というのがシャレている。
CMを観てみる

【Smith & Nephew】
医療機器及び医療用具輸出入販売のスミス・アンド・ネフューのCM。
人体をサポートする器具により様々なスポーツを行う墨絵風のビジュアルが展開される。水しぶきや砂埃まで墨で表現されているのが素晴らしい。
CMを観てみる
  

Posted by 今井秋芳 at 06:14Comments(2)CM

2008年09月19日

真昼の決闘



ジャンケンという平凡なネタだけでスリリングな話を作り上げたのがJOJO(第四部のジャンケン小僧)なら、
指鉄砲という平凡なネタだけでスリリングな映像を作ったのがこのCM。何のCMかは最後を見てのお楽しみ。



ちなみにこのCM、銃乱用を連想させるせいか放送禁止になったらしい。

携帯からはこちら
  

Posted by 今井秋芳 at 12:41Comments(4)CM

2008年09月17日

数十秒のエンターテイメント

疲れた身体を横たえながら、取り留めなくテレビのチャンネルを回す。
理不尽な事への苛立ちや降りかかる様々な問題を抱えながら現代社会を生きる多くの者たちの目に映るのは何もドラマやバラエティだけではない。
15秒や30秒(60秒~120秒というものもある)の中に凝縮されたドラマでも人は感動する事ができる。



CM=Commercial Messageは、TVなどのメディアで放送される企業広告の事である。
動画広告を特にCommercial Filmと呼ぶ場合もあるが、広義ではCMと表現される事も多い。
先日、

http://syuhou.otaden.jp/e7892.html

でNIKEのCMを紹介したが、元々、デザイナーだった事もあり、CMにおける演出やビジュアル表現にはとても興味がある。
今後は、そんな短い時間の中に企業広告以上の作品世界を見せてくれたCMたちも紹介していこうと思う。
ちなみに携帯からは見れないので、あしからず(笑)


Smith & Nephew
医療機器及び医療用具輸出入販売のスミス・アンド・ネフューのCM。
人体をサポートする器具により様々なスポーツを行う墨絵風のビジュアルが展開される。水しぶきや砂埃まで墨で表現されているのが素晴らしい。


Hovis
1886年に設立され122周年を迎えるイギリスの小麦粉メーカーHOVIS社のCM。
パンを買った少年がイギリス122年の歴史を辿っていく。少年が各時代の人々と敬礼したり、手を振ったり、交流していく様子も楽しい。
CMの尺も122秒というのがシャレている。


PEPSI
いわずと知れたPEPSIのCMだが、オチがかなり効いてる。デイヴィッド・ベッカムが退場。苛立ちながら引き上げてくる。
それを見つめるひとりの少年。その少年の持つPEPSIをもらい気持ちを落ち着けるベッカム。笑顔と共に少年にPEPSIを返すが……。
  

Posted by 今井秋芳 at 21:11Comments(4)CM