読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 497人
アクセスカウンタ

2008年10月21日

アッシュ-大宇宙の狼



作:田中光二、挿絵:加藤直之によるスペース・オペラ+ヒロイック・ファンタジー小説。
『アッシュ-大宇宙の狼』は、『アッシュ・サーガ』というシリーズの1巻目で、現在、講談社文庫にてシリーズ4巻まで発刊されている。
まるで、外国のSF作家が書いたような壮大で重厚な物語や緻密な考証・設定は、日本人でもここまで完成度の高いスペオペやヒロイック・ファンタジーが書けるのかと、読んだ当時、とても感動した覚えがある(外国作家も、宇宙へ行って冒険したり、タイムマシンで未来へ行って見てきた訳じゃないんだから、日本人と想像力は変わらない筈だといわれれば確かにその通り)。
コミックでいえば『コブラ』に通じる雰囲気があるかもしれない。


惑星ミロシスの灰の中から復讐を誓って蘇った戦士アッシュ、
齢三百年に達する観照者ルカン、惑星シャルミラの美貌の精神感応者ルーラの三人は、
霊能者アミンの力によって、三千年前のテス女王を救うため、過去への旅に出る……。
(裏表紙より)


まず、主人公のアッシュがカッコイイ。
不敵で渋く腕が立ち、大人の男という感じで、物語に安心感を与えてくれる。
どことなく、ロバート・E・ハワードのコナンを髣髴とさせ、名前のアッシュが、「灰」を意味するというところからしてイイ。
宇宙を旅しながら復讐行という設定は、ジャック・ヴァンスの『魔王子』シリーズに近いが、仲間を含めたキャラ立てという意味では『アッシュ・サーガ』の方が各キャラが立っていて、個人的には好きだったりする。
SF作品は、どこまでその世界観や設定を深く作りこんでいるかで、完成度が大きく変わってくる。
上辺だけの難解な用語とか科学的論拠のない設定などがある時点で、とたんにSFは面白さの熱を失ってしまう。
ゲームや映画なら、映像などで世界や登場する小道具などを「こんなだよ」と見せる事もできるが、小説は挿絵があるにせよ基本は活字だけなので、尚更、作者の頭の中でどれだけ世界が構築されているかが重要となってくる。
『アッシュ・サーガ』は読んでいると、そのシーンの映像が目の前に広がっているかのような錯覚を覚える。
地平線に沈む巨大な太陽、広がる大草原(グラス・シー)、空を飛ぶ鳥型飛行機(オーニソプター)などなど、スペース・オペラの名に相応しい描写の数々が随所に散りばめられている。
名作TRPG『トラベラー』のサプリメントとして、『アッシュ』があっても何ら違和感がないぐらい。
というか、元々が設定的にRPGにしやすい設定なのかもしれない。
以下、『アッシュ・サーガ』の既刊タイトル。ただ、どれも入手困難かも。


『アッシュ-大宇宙の狼』
『アッシュと燃える惑星』
『アッシュと母なる惑星』
『アッシュと地球の緑の森』

同じカテゴリー(小説)の記事画像
最後に……
『グイン・サーガ』アニメ化
江戸川乱歩
イシュタルの船
読書の秋
妖魔の騎士
同じカテゴリー(小説)の記事
 最後に…… (2009-06-17 23:53)
 『グイン・サーガ』アニメ化 (2009-01-26 07:00)
 江戸川乱歩 (2008-11-28 02:58)
 イシュタルの船 (2008-11-25 15:21)
 読書の秋 (2008-10-27 01:08)
 妖魔の騎士 (2008-10-17 12:09)

Posted by 今井秋芳 at 21:02│Comments(2)小説
この記事へのコメント
確かにSFファンタジーは設定が命ですよね
俺は「タイタス・クロウ」サーガと「二剣士」シリーズがお気に入りです
Posted by noguard at 2008年10月22日 11:10
>>noguradさん
『ゴーメンガースト』3部作?
作者のマーヴィン・ピークが亡くなったのが残念だね。
Posted by 今井秋芳今井秋芳 at 2008年10月22日 21:50
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。