読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 497人
アクセスカウンタ

2008年10月26日

●『オースティン・パワーズ』

●『オースティン・パワーズ』★★★☆☆

『サタデー・ナイト・ライブ』出身のマイク・マイヤーズ主演によるスパイ・コメディー。
タイトルの『オースティン・パワーズ』とは、その主人公のスパイの名前。
現在、

『オースティン・パワーズ』
『オースティン・パワーズ:デラックス』
『オースティン・パワーズ:ゴールドメンバー(由来は、もちろん『007:ゴールドフィンガー』から)』

の3作が公開されている。
かの007―――ジェームス・ボンドと同じ英国諜報機関MI6の諜報員であるオ-スティンと悪の天才科学者Dr.イーヴルの戦いを描いている本作は、
冒頭から終わりまで、とにかく下品な下ネタ(上品な下ネタっていうのもないと思うが)と一発ギャグの応酬で構成されている。
OPでもテーマ曲であるクインシー・ジョーンズの『ソウル・ボサ・ノヴァ』に乗って、全裸のマイヤーズが、股間を花瓶や通行人で巧みに隠しながら踊るという離れ業を見せてくれる。
終始、こんなノリで進んでいくが、あれ?この感じ、昔どっかで見たような……と思ったら『ドリフ』だった(笑)
つまり、あのノリに近いので、ダメな人は全くダメだろう。
もちろん、青少年や子供に見せるには、教育委員会も黙っていない。
60年代のサイケデリックなファッションやデザインもケバケバしい毒があり、好みの分かれるところ。
ただ、ここまで徹底して「バカな事をホンキ」でやれば、他が真似できない作品の個性にまで昇華するという事を証明しているともいえる。
ブラックで下品なギャグに慣れてくれば、本作の迸るような能天気さに「下らね~」といいつつも病み付きになるだろう。
豪華なハリウッド俳優たちのカメオ出演(ゴールドメンバーでトム・クルーズに下ネタをやらせるとは……)も楽しいし、ボンド・ガールよろしく、毎回グラマラスな美女が登場するのも男性には嬉しいところ。
『オースティン・パワーズ』ではエリザベス・ハーレイ、『オースティン・パワーズ:デラックス』ではヘザー・グレアム(『フロム・ヘル』)、『オースティン・パワーズ:ゴールドメンバー』は何とデスティニーズ・チャイルドのビヨンセが、オースティン・ガールズに配役されている。
だが、そんな豪華な役者たちの中でもひときわ光っているのは、主演のマイク・マイヤーズのカメレオンのような芸達者ぶりだろう。
オースティン・パワーズだけでなく、敵役のDr.イーヴルなど何人もの登場人物を演じているが、どれも見事に異なった個性を出しているのがスゴイ。
Dr.イ-ブルが両手でVサインを作ってセリフをいいながら4本の指を曲げる仕草とか、つい真似をしたくなる(ちなみに意味は、””=ダブル・クォーテイション。強調を表す。つまり、このポーズをしながら、「う○こ」といえば、”う○こ”と強調された事になる)。
昨今、仕事でもプライベートでも、男性に元気がないといわれるが、本作にはその失われつつある男性のモジョ(性欲)が満ち溢れている。
誰にでも勧められないが、カップルやひとりでにやりとして楽しむにはいいシャガデリックな一作。

マイク・マイヤーズは後に『シュレック』のシュレック役にも抜擢された。
また、顔が『X-FILES』のモルダー役=デイビッド・ドゥカブニーに似ているといわれるらしく、それをたまにパロったりしているらしい。
おまけとして、豪華出演者のリストを。


●『オースティン・パワーズ』
ロブ・ロウ
クリスチャン・スレータ-
キャリー・フィッシャー(なんと、スターウォーズのレイア姫まで!!)
バート・バカラック
など

●『オースティン・パワーズ:デラックス』
バート・バカラック
エルビス・コステロ
ティム・ロビンス
ウディ・ハレルソン
ウィリー・ネルソン
など

●『オースティン・パワーズ:ゴールドメンバー』
トム・クルーズ
グウィネス・パルトロウ
ケビン・スペイシー
ダニー・デヴィート
スティーヴン・スピルバーグ
ブリトニー・スピアーズ
オジー・オズボーン
ジョン・トラボルタ
など



同じカテゴリー(シネマ)の記事画像
May the Force be with you!
ワールズ・エンド
生ける屍
シネマレビュー一覧(2012年更新)
エピソード7!!
リベンジ
同じカテゴリー(シネマ)の記事
 May the Force be with you! (2014-05-04 18:14)
 ワールズ・エンド (2014-04-27 23:41)
 続編制作決定!! (2014-01-12 18:00)
 生ける屍 (2013-02-03 21:46)
 シネマレビュー一覧(2012年更新) (2012-12-31 23:59)
 エピソード7!! (2012-10-31 12:45)

Posted by 今井秋芳 at 01:04│Comments(2)シネマ
この記事へのコメント
オースティンいいですよね~洋画のコメディアンの映画はとにかく元気でいいです。
が、日本においてパッとしないのは淋しい限りです。
しかも日本人のコメディアン主演の映画自体少ないし、やはりパッとしない、、、、
昔はクレイジーや55号など元気だったのに、、、
Posted by オジオジ at 2008年10月26日 02:38
>>オジさん
いいですよね~。
洋画コメディは、容赦ないですからね。そこまでやる?みたいな。
最近は『トロピック・サンダー』にも興味津々です。
ロバート・ダウニー・Jr.が!(笑)
Posted by 今井秋芳今井秋芳 at 2008年10月26日 14:43
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。