読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 497人
アクセスカウンタ

2011年03月24日

●『キック・アス』

●『キック・アス』★★★★★

マーク・ミラー原作、イギリスの監督マシュー・ヴォーン(『スターダスト』など)とブラッド・ピット製作によるシニカルで痛快なアメコミヒーロー映画。
所々に香るB級っぽさというか胡散臭さと過剰なバイオレンスが、ロドリゲスやタランティーノを彷彿とさせるものの(いや、本作の場合は監督と親交が深いガイ・リッチーか)、
シナリオやシーンごとの流れなどは本作の方が「何で、いきなりそうなんだよ」という事もなく、無理のない展開で描かれている。ストーリーはというと……

冴えない高校生デイヴ・リゼウスキ(アーロン・ジョンソン)はアメコミヒーローに憧れ、通販で買ったコスチュームを着て、街に繰り出す。
しかし、身体を鍛えている訳でも、何か特殊な《力》を持っている訳でもないデイヴは、逆に街のチンピラにボコボコにされ病院送りになってしまう。
退院したデイヴは性懲りもなく『キック・アス』と名乗ってヒーロー活動するが、その光景を撮った動画が
Youtubeにアップされ、一躍街の人気者に。
その存在を良く思わないマフィアと謎のヒーロー親子も登場し、事態は思わぬ方向へと展開する。

ストーリーに書いた通り、主人公は『キック・アス』=デイヴ・リゼウスキだが、しかし、おそらく『キック・アス』を観た人ほとんどが印象に残るのは、
ヒット・ガール=ミンディ・マクレディ(演じるのはクロエ・グレース・モレッツ)だろう。
チェックのスカートにツインテールでマフィアのアジトに登場したかと思えば、バッタバッタと悪人を軽快に容赦なく殺しまくる姿は、マフィアでなくともビビるだろう。
その光景は、まるで西部劇の主人公がクライマックスに悪党と銃撃戦を繰り広げるシーンを彷彿とさせる。
ヒット・ガールの登場時にかかるテーマが『夕陽のガンマン』という所からしても西部劇を意識しているのだろうが。
その役を魅力的に演じたクロエ・モレッツの今後が楽しみでならない。

「みんなヒーローになりたいだろ?」
「でも、現実はそうはいかないんだよ」

と本作はいっている。しかし、それと同時に

「諦めたら何も変わらない」
「行動する勇気が必要なんだ」

という事も訴えている。
『スパイダーマン』の劇中に「大いなる力には、大いなる責任が伴う」というセリフが
ある。
だが「大いなる力」がなくても、「行動する事」には「大いなる責任」が伴う。
理想と現実の難しさを若者の欲望と願望と共に描き、そこから生まれる希望やちょっと苦い経験も余すところなく描いたヒーロー映画の傑作が誕生した。

我々はヒーローではないが、ヒーローの精神を持っている。
広がる勇気と行動の精神が、やがて大きな力になる事を我々は知っている。
多くのヒーローたちがそうであったように。



同じカテゴリー(シネマ)の記事画像
May the Force be with you!
ワールズ・エンド
生ける屍
シネマレビュー一覧(2012年更新)
エピソード7!!
リベンジ
同じカテゴリー(シネマ)の記事
 May the Force be with you! (2014-05-04 18:14)
 ワールズ・エンド (2014-04-27 23:41)
 続編制作決定!! (2014-01-12 18:00)
 生ける屍 (2013-02-03 21:46)
 シネマレビュー一覧(2012年更新) (2012-12-31 23:59)
 エピソード7!! (2012-10-31 12:45)

Posted by 今井秋芳 at 01:15│Comments(4)シネマ
この記事へのコメント
はじめてコメします。
被災した人たちのために私も勇気と行動ができたらとおもってます。
監督のいる東京も大変みたいですがガンバってください!
Posted by かなちぃ at 2011年03月24日 10:09
はじめまして。

監督がお元気そうで良かったです。
映画「キック・アス」がめちゃくちゃ見たくなってきました(*^^*)!!

私の住む地域は地震の被害を受けることはありませんでしたが、
地震後の影響が酷いです。

本当の意味で「復興」するには、
道のりはずっと長いと思いますが、
監督を含め、皆さんが頑張っているように、
私もしっかり前を向いて頑張ります。
Posted by こたつむり at 2011年03月26日 11:22
監督大プッシュの『KICKASS』観ました。
大バカ熱血アクション!これ、アチラの映画館では(特に最終決戦
バトル!)口笛・拍手・喝采の渦だろうなー、でもそんな感動とい
うほどでは⋯と思いつつ、DVD特典の予告編を観ていて、オバカな
場面の数々に続く
「正義を愛する心があれば、誰でもヒーローになれる!」
というナレーションに、突然涙腺決壊してしまいました。
思い返せば、あの不良にボコボコにされながら格好悪く「抵抗」す
る主人公の姿は、最高に格好良く⋯
ようやく気がつきましたが、これ完全に「コスモレンジャー」じゃ
ないですか!
今井監督がこの映画に燃えるのも当然!?
続編制作も決まっているようなので、楽しみです。日本ヒーロー出
ないかなー。
でもハリー・ポッターみたいに、初代から役者が成長しちゃって役
が辛くならないか心配です。特にヒットガール⋯(^_^;)
Posted by Jack at 2011年03月29日 16:27
その後、お障りございませんか?
遅ればせながらコメントを。

最近のコカ・コーラのCM↓こそ、キック・アスだ!と思うのに、キック・アスのコスプレが出ていなくて残念です(笑)

http://c.cocacola.co.jp/entertainment/cm/coke/super_heroes.htm
Posted by N at 2011年05月17日 22:32
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。