読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 497人
アクセスカウンタ

2008年12月15日

●『トロピック・サンダー 史上最低の作戦』

●『トロピック・サンダー 史上最低の作戦』★★★★☆

『ズーランダー』のベン・スティラー監督・脚本・主演によるアクション・コメディー。

個性派の俳優たちを集めて戦争映画『トロピック・サンダー』を製作しようとしたものも、協調性のない俳優たちのせいで撮影は序盤から予算オーバー。
一計を案じた監督は、俳優たちを本物の戦場に連れていき、起死回生の迫力ある映画を撮ろうとするのだが……。

というのが本作のあらすじ。
戦場に送られる個性派俳優たちを演じるのはベン・スティラー、『スクール・オブ・ロック』のジャック・ブラック、そして『アイアンマン』の主人公トニー・スタークの記憶も新しいロバート・ダウニーJr。
映画が始まるとすぐに、それぞれの俳優の過去に出演した作品の予告編が紹介される(もちろん架空の)。
タグ・スピードマン(ベン・スティラー)主演によるSF大作シリーズ。
ジェフ・ポートノイ(ジャック・ブラック)が特殊メイクでひとり何役もこなすコメディーシリーズ(『ナッティ・プロフェッサー』へのオマージュっぽい)。
カーク・ラザラス(ロバート・ダウニーJr)主演による修道院を舞台にした男同士の同性愛を描いた禁断の作品(相手役が『スパイダーマン』のトビー・マグワイア本人……笑)。
トビー・マグワイア以外にも、豪華俳優陣がカメオ出演していて、相変わらずベン・スティラーの交友関係の広さが窺い知れる。
特に、作品の内容よりも儲け第一という嫌味なプロデューサーを演じるあの有名俳優の身体を張った演技がスゴイ。
カメオ出演しているのは知っていたのだが、あまりに上手すぎて最初気づかなかったぐらい。
「FUCK」という言葉を連呼する饒舌なセリフ回しや、気持ち悪い(本当に気持ち悪い)ダンスまで披露した甲斐あって、本作で彼を好きになった人も多い事だと思う。
『オースティン・パワーズ ゴールドメンバー』の時より好きです(笑)
カメオの部分も含め、作品は全体的に腹を抱えて笑うというよりは、苦笑という感じが多い。
それは、別に作品に苦笑という訳ではなく、皮肉ったり風刺めいた引用が多いせいだろう。
『アイ・アム・サム』かといいたくなるタグ・スピードマン演じる『シンプル・ジャック』やパンダネタ(パンダ好きで知られるトニー・レオンを皮肉ってる?)、ハリウッド映画界やアカデミー賞に対する風刺など、
邦画だとしたらタブー視されるそういったブラックなネタが許されるのは、やはり洋画の懐の深さといえるかもしれない。
そういえば、コックバーン監督(スティーヴ・クーガン)が爆死したシーンとジェフ・ポートノイ(ジャック・ブラック)がスローで「ケツが!」と痛がるシーンは、苦笑ではなく爆笑が起きていた。
ジャック・ブラックは、その「ケツが!」のシーンだけでなく、ストーリーとはあまり関係ない部分でネタを披露していた(目の前のドラッグを取ろうと両手を構えるシーンが、微妙に『レイダース』のインディが黄金の像を取ろうとする手の動きに似ていたり)。
もっとメインで活躍して欲しかった気もするが、ベン・スティラーとロバート・ダウニーJrの前では、さすがに霞んでしまった感がある。
しかし、全部作品を観終わって感じるが、こういう映画を大人たちが真面目に金をかけて作るというのが素晴らしい。
終始、「ここで笑ってよ」という製作者側のあざとさを感じないのは、コメディをわかっているベン・スティラーだからこそ出来た事だと思う。
ちなみに、本作はPG-12。つまり、12歳未満(小学生以下)の鑑賞には不適切な表現が含まれると指定されている。
エロいシーンがある訳でもなく、ブラックなジョークは12歳未満でも許容範囲だと思われるが、唯一スプラッタなシーンがあるので、そういった表現に免疫がない人は12歳未満でなくとも敬遠した方がいいかもしれない。
ほんの短いシーンだが、生首や内臓系のシーンが出てくるので、気分の悪くなる人はいるだろう。
正直、別に作品を成立させるために必要なシーンではないし、このシーンがなければもっと多くの人が本作を楽しめたと思うと残念でならない。




同じカテゴリー(シネマ)の記事画像
May the Force be with you!
ワールズ・エンド
生ける屍
シネマレビュー一覧(2012年更新)
エピソード7!!
リベンジ
同じカテゴリー(シネマ)の記事
 May the Force be with you! (2014-05-04 18:14)
 ワールズ・エンド (2014-04-27 23:41)
 続編制作決定!! (2014-01-12 18:00)
 生ける屍 (2013-02-03 21:46)
 シネマレビュー一覧(2012年更新) (2012-12-31 23:59)
 エピソード7!! (2012-10-31 12:45)

Posted by 今井秋芳 at 12:05│Comments(2)シネマ
この記事へのコメント
トビー・マグワイア好きなので、観に行っておけばよかった・・・と思いました。
でも、こういった作品を「どこまで楽しめるか?」は、どれだけ映画やそれに関わる知識を持っているか?に繋がるので。
楽しめる今井さんって凄いなって思いました(笑)
Posted by サイクロップス好き! at 2008年12月15日 13:41
>>サイクロップス好き!さん
パロディーやオマージュは元を知っているとより楽しいですからね。
Posted by 今井秋芳今井秋芳 at 2008年12月17日 15:09
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。