読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 497人
アクセスカウンタ

2012年01月17日

●『震度0(ゼロ)』

『震度0(ゼロ)』

映画化もされた『半落ち』や『クライマーズ・ハイ』という元新聞記者という経験を活かした社会派の作風で有名な横山秀夫原作の同名タイトルの映画化。

阪神・淡路大震災が発生した1995年1月。
時期を同じくして、被災地より700km離れたN県警の警務課長である不破という男が失踪した。
その事実が明るみに出れば、自分たちの進退や出世に影響が出ると思った県警幹部たちは、内輪だけで事件を解決しようとする。
それぞれがそれぞれの思惑で行動する中、次第に失踪の真相が明らかになっていき、事態は思わぬ方向へと転がり始める。

未曾有の震災となった阪神・淡路大震災と保身のために行動する県警幹部たちの姿を対比させる事によって、
個人の価値観というものがいかにちっぽけなのものかを描き出している。
確かに、普段いくら威勢が良く、偉ぶっていても、有事の時にどのような行動を取れるかが、その人間の本質だといえよう。
人は聖人君子でない限り、誰でも醜さや浅ましさを内に抱えている。
それが表に顔を出すのは、追い込まれた時に違いない。
災害時にあたふたと醜く足掻く姿は、東日本大震災に対面した現代の政治家の姿とも被る。
基本的に室内での議論シーンが多いものの、それが単調な感じないのは、原作の持つリアリティと絶妙に配役された俳優陣の熱演によるところが大きい。
知的で野心家の冬木を演じる上川隆也を始め、國村隼、渡辺いっけい、升毅など実力派が揃っているのも見応えがある。
ただ、震度の差を比喩するために引用された以外、震災が劇中で何の重要性も持たないのが、疑問でならない。
日本全土が揺れた震災。
それと比べれば、その最中に起こった組織内の問題や個人の利権など『震度0』以外の何物でもない。

最後に。
阪神・淡路大震災で被災した多くの方々のご冥福と今なお復興に取り組んでいる方々の健康を心よりお祈り申し上げます。



同じカテゴリー(シネマ)の記事画像
May the Force be with you!
ワールズ・エンド
生ける屍
シネマレビュー一覧(2012年更新)
エピソード7!!
リベンジ
同じカテゴリー(シネマ)の記事
 May the Force be with you! (2014-05-04 18:14)
 ワールズ・エンド (2014-04-27 23:41)
 続編制作決定!! (2014-01-12 18:00)
 生ける屍 (2013-02-03 21:46)
 シネマレビュー一覧(2012年更新) (2012-12-31 23:59)
 エピソード7!! (2012-10-31 12:45)

Posted by 今井秋芳 at 05:46│Comments(2)シネマ
この記事へのコメント
今井監督のメッセージに心励まされます。
私の親戚も今回の地震で被災しました。混乱の中、被災者が心を寄せたのは政治家ではなく、家族や仲間や救助してくれる献身的な人々です。

魔人や九龍をプレイしていつも思うのは、どの作品にも不条理や困難の中を前向きに歩む人々が描かれているということです。

次回作もそんな熱い心を抱えて突き進むキャラクターがいることを祈りつつ・・・確信しながら(笑)完成を待っています!
Posted by 雨宮 at 2012年01月19日 01:25
>>雨宮さん
かつて、『剣風帖』をプレイしたユーザーから手紙をもらった事があります。
そこには、作品が「仲間という存在」「困難から逃げずに立ち向かう事」を教えてくれたと記されていました。
これからも、そう感じてもらえる作品を作っていけたらと思っています。
Posted by 今井秋芳 at 2012年02月20日 00:11
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。