読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 497人
アクセスカウンタ

2013年06月18日

東京魔人學園剣風帖発売

本日6月18日は『東京魔人學園剣風帖』がリリースした日です。
「陽と陰のジュヴナイル」というコピーが表す通り、私がジュヴナイル伝奇というジャンルの作品を初めて世に送り出した日でもあります。
15周年というと長い感じがしますが、私としてはあっという間の15年でした。
それは、今なお応援してくれている多くのファンがいる事や、今なお『魔人』を冠する作品がリリースされる縁を与えられているからかもしれません。
この場を借りて、『魔人』を支えてきてくれたファンと関係者に感謝いたします。

ありがとう。
そして、『東京魔人學園伝奇』シリーズをこれからもよろしく。

                 ジュヴナイラーという《宿星》で結ばれた者たちへ
                 『東京魔人學園伝奇』シリーズ監督 今井秋芳





同じカテゴリー(仕事)の記事画像
対談
ケイオスドラゴン 混沌戦争
1.24
2015
10周年
『ハマトラ Look at Smoking World』発売
同じカテゴリー(仕事)の記事
 対談 (2016-01-12 23:55)
 ケイオスドラゴン 混沌戦争 (2015-06-04 13:23)
 1.24 (2015-01-24 10:40)
 2015 (2015-01-02 17:34)
 10周年 (2014-09-16 20:13)
 『ハマトラ Look at Smoking World』発売 (2014-07-17 09:02)

Posted by 今井秋芳 at 19:59│Comments(8)仕事
この記事へのコメント
初めまして。『東京魔人學園伝奇』シリーズ生誕15周年おめでとうございます!
10周年を祝ったのがつい先日のような気がして、早いものだなあと感じています。
魔人シリーズは勿論、今井監督の作られる全ての作品をこれからも楽しみにしています!頑張って下さいね!
Posted by 羽子 at 2013年06月18日 22:38
今井監督、東京魔人學園伝奇シリーズの生誕15周年おめでとうございます!!
何年経っても魔人學園がやっぱり大好きです!
Posted by ・アサキ・ at 2013年06月18日 22:47
剣風帖15周年、おめでとうございます。
つい最近10年をお祝いしたと思っていましたが、月日が経つのは早いものです。

魔人は我が青春の物語。
産み出してくれた今井監督には、感謝してもし足りません。
これからも、魔人のような胸躍る作品を作って下さい。影ながら応援いたします!
Posted by みつまめ at 2013年06月18日 23:09
15周年おめでとうございます!!初めてプレイしたのは、まだ中学生だった事を思い出しました。私の人生の半分以上を魔人學園と過ごしてきたと思うと感慨深くなります。これからもどうかお身体をご自愛いただき、世に二つとない監督の世界を生み出していって下さい。1ファンとしていつまでもお待ちしています。
Posted by 亜霧 at 2013年06月19日 00:04
改めまして15周年おめでとうございます。(´∇`)
宿星は消える所か、今でも新たな縁を繋げ増えています。
DVDの発売を機に帝戰帖がゲームとして出る事をこれからも待っていますので、
今井監督もお体を大切にしつつ、これから制作に頑張って下さい。
監督の元気がジュヴナイラーの元気の元ですよ~。(^o^)
Posted by 京 at 2013年06月19日 00:43
完結編早くしてよぉ・・・
もうおっさんになっちゃったよぉ・・・

機種ごと買いますからぁ・・・(涙声)
Posted by   at 2013年06月19日 19:32
東京魔人學園伝奇シリーズ、生誕15周年おめでとうございます。

次の世代に受け継ぎたいゲーム№1です。

これからも、いちプレイヤーとして応援していきます。
Posted by 雨宮 at 2013年06月19日 23:20
買った当時は、感情での対応という画期的なシステムで色んな人物と会話をしていき、好感度によってあだ名に変わっていくシステムに衝撃とあいまって、主人公=自分という没入感がハンパなくて、今も昔も魔人を超える主人公と自分の投影感はないんじゃないかなと。


そんな魔人に巡り会えて嬉しいですし、これほど自分の中に残るゲームは数少ないですが、引き続き楽しみに待ってますッ!!
Posted by うじぎん at 2013年06月24日 23:43
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。