読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 497人
アクセスカウンタ

2008年07月23日

●『ラブ・アクチュアリー』

●『ラブ・アクチュアリー』★★★★☆

クリスマスに向かう様々な愛をアンサンブル形式で描いた作品。
監督は「ノッティングヒルの恋人」や「ブリジット・ジョーンズの日記」など
ラブ・ストーリーを手掛けてきた脚本家リチャード・カーティス。
出演は、ヒュー・グラント、リーアム・ニーソン、アラン・リックマン、
コリン・ファース、キーラ・ナイトレイなど豪華。

冬のロンドン。
ひとりの女性に恋をする英国首相。妻に先立たれた父と初恋に悩む息子。
親友の新妻に恋をしてしまった画家。同僚を想い続けてきた薄幸の女性。
言葉の通じない異国の女性に恋をした作家。
それぞれがそれぞれの想いを胸に毎日を過ごしている。
果たして、クリスマスに彩られた街を舞台にした19人の男女の恋愛の行方は?

恋の種は誰の身近にも転がっている。
それを大切に育てるか、腐らせてしまうかはその人次第だろう。
本作で描こうとしているのは、恋をする事の素晴らしさである。、
「やってみなければわからない。恋を諦める前に行動してみよう」
恋を怖れず、それから目を逸らさず―――本作は観る者に勇気と希望を与えてくれる。
しかし、様々な恋愛の形を描いていながら、
映画ならではの「出来すぎた恋(つまり、話が上手すぎだろ?)」という印象は受けない。
普通に見れば、どの恋愛にも共感できるし、
どの恋愛も誰の身に起こってもおかしくない出来事だからだろう。
ウィットに富んだ会話と等身大の男女の描写が、
さらにリアリティを加えている。
そういった、誰にでもありそうな恋愛模様を飽きさせる事なく、
おしゃれで楽しく、心温まるストーリーに仕上げたリチャード・カーティスの手腕は見事。
随所に挿入される歌も演出にあっていて雰囲気を盛り上げてくれる。
本作はアンサンブル形式であるため、誰が主演というのはないが、
どの役者も役にハマっている。
クリスマス・ソングを歌うビル・ナイのヨレた姿やヒュー・グラントの頼りなさそうな英国首相ぶりには笑えた。
というか、ヒューが出てくると、今にもすぐに誰かを口説きそうに思えてしまうが(苦笑)
それ以外にも、アラン・リックマンとエマ・トンプソンの
「ハリー・ポッター」コンビによる熟年夫婦が葛藤する姿には深みを感じるし、
花嫁に恋した男を演じるアンドリュー・リンカーンのクリスマスでの切ない姿と
コリン・ファースの勇気ある愛の告白に涙した人も多いだろう。
良い部分を上げていったらキリがないほど、各役者の演技はどれも素晴らしい。
恋をしている二人に、恋をしようとしている人に、
そして恋を忘れた人にお勧めの一作。
最後に、珠玉のラブ・ストーリーを演じてくれた19人+α(笑)の名前を……。

ヒュー・グラント(デヴィッド英国首相)
マルティン・マカッチョン(首相が恋をする秘書ナタリー)
リーアム・ニーソン(妻に先立たれた父ダニエル)
トーマス・サングスター(初恋に悩む少年サム)
アラン・リックマン(デザイン会社社長ハリー)
エマ・トンプソン(ハリーの妻カレン)
ハイケ・マカッシュ(ハリーを誘う秘書ミア)
コリン・ファース(作家ジェイミー)
ルシア・モニス(ジェイミーと心通わせるポルトガル人オーレリア)
ローラ・リニー(ハリーの会社に勤めるサラ)
ロドリゴ・サントロ(サラが想い続けているデザイナー、カール)
アンドリュー・リンカーン(親友の花嫁に恋をする画家マーク)
キーラ・ナイトレイ(マークの親友の花嫁ジュリエット)
キウェテル・イジョフォー(マークの親友)
クリス・マーシャル(ケータリングの仕事をするコリン)
マーティン・フリーマン(スターの代役を務めるジョン)
ジョアンナ・ペイジ(ジョンとスターの代役を務めるジュディ)
ビル・ナイ(老いたロック歌手ビリー)
グレゴール・フィッシャー(ビリーのマネージャー、ジョー)

ビリー・ボブ・ソーントン(合衆国大統領)
ローワン・アトキンソン(宝石屋店員)
アブダル・サリス(コリンの友人)
エリシャ・カスバート(コリンを誘惑する女キャロル=アン)



同じカテゴリー(シネマ)の記事画像
May the Force be with you!
ワールズ・エンド
生ける屍
シネマレビュー一覧(2012年更新)
エピソード7!!
リベンジ
同じカテゴリー(シネマ)の記事
 May the Force be with you! (2014-05-04 18:14)
 ワールズ・エンド (2014-04-27 23:41)
 続編制作決定!! (2014-01-12 18:00)
 生ける屍 (2013-02-03 21:46)
 シネマレビュー一覧(2012年更新) (2012-12-31 23:59)
 エピソード7!! (2012-10-31 12:45)

Posted by 今井秋芳 at 22:43│Comments(0)シネマ
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。