読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 497人
アクセスカウンタ

2008年09月20日

●『私立探偵 濱マイク』

●『私立探偵 濱マイク』★★★★★

TV版も制作されたが、紹介するのはもちろん「林海象」監督の劇場版。
全3作で、1作目のみモノクロで制作された。

第1作『我が人生最悪の時 THE MOST TERRIBLE TIME IN MY LIFE』
第2作『遥かな時代の階段を The Stairway to the Distant Past』
第3作『罠 THE TRAP』

TV版は、毎回監督を変えるという試みは面白いのだが、いかんせん一貫性がなくブツ切れで、出来もお世辞にも良いとはいえず、ただの話題作りの作品でしかなかった。
対する劇場版は、主人公の濱マイクのファッションや映し出される風景や小道具など、どれもカッコよく、それでいて懐かしい香り(黒澤映画へのオマージュが随所にあり、それを探すのもまた楽しい)がして、
実在した横浜日劇(2005年2月閉館。2007年4月解体)の前に止めてある愛車ナッシュ・メトロポリタン(Nash Metropolitan)を駆り、したたかに生きるマイクと共に、横浜・黄金町の雑多な街並みがフィルムの中に凝縮されている。
そこで展開される物語も往年の探偵映画のように、退廃とした中にアクションと愛憎と人間同士のドラマが繰り広げられ、濱マイクを演じる永瀬正敏がまた、その雰囲気にピッタリだった。
ハードボイルドなマイクの唯一ともいえる弱点が真面目で優等生の妹・茜(大嶺美香)というのも笑える。
マイクの親友のタクシーの運転手を演じるナンちゃん(南原清隆)もいい味を出しており、ボンドカー並みのタクシーで活躍してくれる(笑)
他の出演者には、マイクの師匠に宍戸錠、伊勢佐木署の刑事に麿赤児、マイクの母親に鰐淵晴子など名優が肩を並べている。
OPの曲もカッコよく、思わずサントラを買ってしまった。



同じカテゴリー(シネマ)の記事画像
May the Force be with you!
ワールズ・エンド
生ける屍
シネマレビュー一覧(2012年更新)
エピソード7!!
リベンジ
同じカテゴリー(シネマ)の記事
 May the Force be with you! (2014-05-04 18:14)
 ワールズ・エンド (2014-04-27 23:41)
 続編制作決定!! (2014-01-12 18:00)
 生ける屍 (2013-02-03 21:46)
 シネマレビュー一覧(2012年更新) (2012-12-31 23:59)
 エピソード7!! (2012-10-31 12:45)

Posted by 今井秋芳 at 21:10│Comments(2)シネマ
この記事へのコメント
また懐かしい映画っすねぇ!
Posted by noguard at 2008年09月21日 01:54
TVドラマ『探偵物語』に並ぶ俺の好きな国産探偵作品です。
Posted by 今井秋芳今井秋芳 at 2008年09月21日 14:39
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。