読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 497人
アクセスカウンタ

2008年09月30日

●『007/カジノ・ロワイヤル』

●『007/カジノ・ロワイヤル』★★★★★

正直、007シリーズには取り立てて思い入れもないし、ジェームズ・ボンドのファンでもないので、007フリークの人とは少し本作の観方が違うかもしれない。
特に近作は、『オースティン・パワーズ』のような破天荒な設定やちょっとおバカなストーリー展開で、ついていけないものがあった。
そんな自分のジェームズ・ボンド像は、キザで女たらしで皮肉屋、涼しい顔で何でも華麗にこなすスーパーマン、ボンドカーを乗り回し、どんな敵をも怖れず、ジョーク交じりに任務をこなす最強のスパイ―――といった感じ。
前作までの、ピアース・ブロスナンのスマートなボンドを見て「似合ってるなあ」と思っていたので、世の多くの人と同じように、今回のダニエル・クレイグのNEWボンドには予告編を観ても何の魅力を感じなかった。
英国紳士の雰囲気がないし、自分が抱くスマートなボンド像とはかけ離れていたからだ。
だが、映画を観て、それは大きな誤りだった事がわかった。
殺しのライセンスを受けたばかりの駆け出しのボンドの持つ傲慢さや荒々しさ、人間臭さや感情の波などを、ダニエル・ボンドは見事に体現していた。
彼のクラシカルな佇まいも良く(冒頭のモノクロシーンが良く似合う)、ポール・ハギス(『ミリオンダラー・ベイビー』『クラッシュ』)の加わった脚本陣が描く等身大のリアルなストーリー展開も作品に程よい緊張感を与えていた。
頭で考えるより先に身体が動き血を流して傷だらけになりながら任務を遂行するボンドというのも新鮮。
完成度的には『バットマン・ビギンズ』に近いかもしれない。
御馴染みのボンド・ガールも今までと違い、セクシー路線よりかしこいキレイなお姉さんの印象が強く、野性的なダニエル・ボンドに、エヴァ・グリーンは正に適任だったといえよう。
スタイリッシュでハイセンスなOPも必見。
バックで流れるクリス・コーネル歌う「You Know My Name」が最高にクールでカッコイイ。



同じカテゴリー(シネマ)の記事画像
May the Force be with you!
ワールズ・エンド
生ける屍
シネマレビュー一覧(2012年更新)
エピソード7!!
リベンジ
同じカテゴリー(シネマ)の記事
 May the Force be with you! (2014-05-04 18:14)
 ワールズ・エンド (2014-04-27 23:41)
 続編制作決定!! (2014-01-12 18:00)
 生ける屍 (2013-02-03 21:46)
 シネマレビュー一覧(2012年更新) (2012-12-31 23:59)
 エピソード7!! (2012-10-31 12:45)

Posted by 今井秋芳 at 23:01│Comments(4)シネマ
この記事へのコメント
僕が007の中で一番好きなのがこれです。、、あまり人気無かったダルトンも好きですが、、、OPを思い切って変えたのも拍手でした。前のは前でいいんだけど、おまりの良さに学校でDVDかけてみんなで観ました、、、続編も期待です。
Posted by オジオジ at 2008年10月01日 00:35
>>オジさん
私の着メロは「You Know My Name」だったりします。
バイブなんでほとんど鳴りませんが。
続編楽しみですよね。完全に続きの話みたいで。
Posted by 今井秋芳今井秋芳 at 2008年10月01日 12:02
実はこの作品の話から、コメントさせていただこうかどうしようか、逡巡し始めていたのでした。

そして今更ながらコメントを(笑)

私も007に強い思い入れはないのですが、Qの作るスパイ要具とボンドカーは好きだったんですよ。
そしてボンドはピアース・ブロスナンがベストだと思っていたのですが、このダニエル・クレイグも中々どうしてお似合いで!
この作品の前に出演していた「ミュンヘン」の役柄とは全然違った感じだったのも印象的でした。
Posted by サイクロップス好き! at 2008年10月10日 01:53
>>サイクロップス好き!さん
どうぞお気軽にコメしてください(笑)

007の新作も楽しみですね。予告を見ると『カジノ・ロワイヤル』と繋がっているみたいですし。
Posted by 今井秋芳今井秋芳 at 2008年10月10日 14:35
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。