読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 497人
アクセスカウンタ

2008年12月21日

●『バッドサンタ』

●『バッドサンタ』★★☆☆☆

コーエン兄弟製作総指揮(「レディ・キラーズ」)が、アート系のテリー・ツワイゴフを監督に、怪優ビリー・ボブ・ソーントンを主演に贈るブラック・コメディー。


クリスマスシーズン。
デパートでサンタの扮装をして子供たちを相手にするウィリー(ビリー・ボブ・ソーントン)の正体は、相棒マーカス(トニー・コックス)と一緒に銀行強盗を繰り返している犯罪者。
しかし、酒と煙草と女好きが災いして、トラブルに巻き込まれる事もしばしば。
イベントで知り合った少年の家に居座る内に、次第に心境が変化していくウィリー。
そんな中、銀行強盗決行の日が訪れる。


ビリー・ボブ・ソーントンの不良サンタ姿が見事にハマっている。
これだけでも観る価値はある。
既存の穏やかで人のいいサンタのイメージはどこへやら、字幕では追い切れないぐらい「FUCK」「SIT」を連発して罵詈雑言を吐くサンタ。
全編に漂うリアルな雰囲気とブラックで辛口なストーリーは、この不良サンタあってのもの。
「サンタとヤるのが夢だった」というウェイトレスのスー(ローレン・グレアム)や少し頭の足りないいじめられっ子の少年(ブレッド・ケリー)とのやり取りも笑いを誘う。
最後まで、このノリで進むのかと思いきや、いじめられっ子の少年とウィリーの交流に心温まるシーンもあるので、中々油断ならない。
ウィリーは、終始やる事なす事どうしようもないので、観ていて不愉快な気分になるかと思えばそうでもない。
それはひとえに、基本的に善人であるスーや少年などの存在が、ウィリーの毒気を中和しているせいではないかと思う。
苦い中にも、微かなやさしさが光る本作は、甘ったるいサンタに飽きた大人にはピッタリかもしれない。
ただ、サンタを信じる子供たちには絶対に見せてはならない。
サンタクロースへの夢が壊れる事は間違いないから(苦笑)



同じカテゴリー(シネマ)の記事画像
May the Force be with you!
ワールズ・エンド
生ける屍
シネマレビュー一覧(2012年更新)
エピソード7!!
リベンジ
同じカテゴリー(シネマ)の記事
 May the Force be with you! (2014-05-04 18:14)
 ワールズ・エンド (2014-04-27 23:41)
 続編制作決定!! (2014-01-12 18:00)
 生ける屍 (2013-02-03 21:46)
 シネマレビュー一覧(2012年更新) (2012-12-31 23:59)
 エピソード7!! (2012-10-31 12:45)

Posted by 今井秋芳 at 02:07│Comments(6)シネマ
この記事へのコメント
サンタ2連発ですね~
バッドサンタまだ観て無くて、、この記事で観たくなりました。買います。
Posted by オジオジ at 2008年12月21日 02:24
>>オジさん
是非観てみてください。
シニカルなサンタが最高なので。
Posted by 今井秋芳 at 2008年12月21日 02:30
ビリー・ボブ・ソーントン、「イーグル・アイ」ではあんないい人だったのに(笑)
この記事を読んで、俳優って面白いなとまた思いました。
Posted by サイクロップス好き! at 2008年12月21日 14:25
僕もこの映画好きです。
やさぐれてるサンタが、
夢をぶち壊してるかというとそうでもなく、
逆にロマンを感じると言う…

もちろん大人限定ですね(笑)
Posted by 松縞ヨーヨー松縞ヨーヨー at 2008年12月21日 15:57
>>サイクロップス好き!さん
『イーグル・アイ』のエージェント役はかっこよかったですね。渋くて。
Posted by 今井秋芳今井秋芳 at 2008年12月24日 21:28
>>松縞ヨーヨーさん
大人限定です(笑)
やさぐれ感がいい感じですね。
Posted by 今井秋芳今井秋芳 at 2008年12月24日 21:29
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。